雑貨埠頭の上屋・倉庫のシステム設計(第1報)

発行年月 1972年12月 港湾空港技術研究所 報告 011-04-09
執筆者 工藤和男
所属 設計基準部 システム研究室
要旨  雑貨埠頭の上屋および倉庫の容量の決定法として確率過程(Stochastic Process)論からのアプローチを試みた.
 モデルを決定づける支配的な要素はつぎのようなものである.
 1)貨物の上屋への到着の仕方
 2)本船との間での一回の荷役量
 3)貨物の上屋における滞留分布
 このうち1)は岸壁への本船の到着をもって代用すると一般にポアッソン到着と仮定でき,2)及び3)が指数分布的に変化するときは雑音過程(Shot Noise Process)として取扱えることが判った.このモデルによって上屋,倉庫の平均在庫量だけでなく,その変動についての情報をうることができ,上屋,倉庫を設計するさいの予測が著しく容易となる.また,在来の設計法はこのモデルを用いたときの特殊ケース(平均値による設計法)として説明されることも明らかになった.
全文 vol011-no04-09.pdf(PDF/1.3MB)

発行年一覧を表示/検索

条件を入力して検索する

ページの先頭へ戻る