地表における強震記録より推定した基盤の地震動の特性

発行年月 1972年12月 港湾空港技術研究所 報告 011-04-06
執筆者 土田肇,上部達生
所属 構造部 耐震構造研究室
要旨  耐震設計に必要な入力地震波の特性を把握するため,地表で得られた強震記録から重複反射理論により,基盤を伝播する地震波(入射波)を求め,そのスペクトル特性等を検討した.
 対象とした記録は10観測地点で得られた37本の記録で,そのうち1地点では岩盤上に強震計が設置されている.入射波の特性の検討には,主に非減衰加速度比応答スペクトルを用いた.
 解析の結果,5地点で入射波のスペクトルが周期0.15~0.25secに鋭いピークを有する形を示し,これは岩盤上の地震記録のスペクトルと一致した.また,2地点では,前記各地点のスペクトルと一致はしないが似た傾向を示す入射波のスペクトルが得られた.残る2地点の入射波のスペクトルはばらつきも多く共通点は薄かったが,その理由は明らかでない.
全文 vol011-no04-06.pdf(PDF/4.0MB)

発行年一覧を表示/検索

条件を入力して検索する

ページの先頭へ戻る