空港舗装における路盤の等価値に関する研究

発行年月 1972年12月 港湾空港技術研究所 報告 011-04-05
執筆者 須田熙,佐藤勝久
所属 土質部 滑走路研究室
要旨  路盤に粒状材料より良質の材料を使用した場合には,舗装厚を減らすことができる.空港舗装でのこの減少率すなわち等値換算係数(等価値)に関する問題点を明らかにするため,砂路床上に17区画,24種類のアスファルト試験舗装を製作し,大型航空機と同等な脚荷重を持つ原型走行荷重車を用い載荷試験,走行試験を実施した.
 繰返し走行荷重による試験舗装の破壊状況を明らかにした上,多くの試験結果に基づき路盤の等価値を算定した.アスファルト安定処理,セメント安定処理,リーンコンクリート,スラグについては,路床鉛直応力から求まる値を使用すべきことが判明した.試験舗装で決定された等価値を,弾性理論の助けなども借りることにより,広くあらゆるケースに通用できるとうに,普偏化する試みもなされ,その結果,本実験で求まった等価値は,津状の舗装に対してそのまま適用できることがわかった.
 そのほか,路盤の等価値の検討に関して,空港舗装の破壊,表層+基層厚,航空機の反復作用回数,CBR,路床の設計,砂路床の締固め度などの問題点も考察された.
全文 vol011-no04-05.pdf(PDF/5.3MB)

発行年一覧を表示/検索

条件を入力して検索する

ページの先頭へ戻る