砂分の多い粘性土の一軸圧縮強さ

発行年月 1972年12月 港湾空港技術研究所 報告 011-04-03
執筆者 中瀬明男,勝野克,小林正樹
所属 土質部 土質部長
要旨 粘土と砂の中間的な粗度組成の土の非排水せん断特性を調べるため,粘土と砂を種々の割合で混合した飽和試料を調整し,一軸圧縮および非圧密非排水三軸圧縮試験を行なった.その結果,試料の粘土含有量が減少するに従って,拘束圧の増大に伴う圧縮強さの増加割合が大きく,また一軸圧縮強さが相対的に小さくなることが認められた.この現象は試料調整のさいの圧密圧力の除去に起因するもので,この試験結果に基づいて,砂分の多い粘性土の採取試料の一軸圧縮強さを補正することができる.この補正は全土被り圧と2つの補正係数を用いて行なうが,補正係数の値は粘土含有量または塑性指数の関数として与えられる.ただしこの補正は粘土含有量が10%以下のものに適用してはならない.
全文 vol011-no04-03.pdf(PDF/1.5MB)

発行年一覧を表示/検索

条件を入力して検索する

ページの先頭へ戻る