岩礁上の円柱の設計波力に関する研究

発行年月 1972年12月 港湾空港技術研究所 報告 011-04-02
執筆者 合田良実,池田龍彦,笹田正,岸良安治
所属 海洋水理部 波浪研究室
要旨  円形および棚状の岩礁模型による波力実験の結果に基づいて,次のような波力の計算法を提案する.
 波高は最高波高Hmaxとし,構造物の前方10H1/3の地点における砕波限界波高,または2H1/3のいずれか小さい方の値を用いる.波頂高は設計潮位上0.75Hmax,または〔0.55Hmax+岩礁の天端高の0.7倍〕のいずれか高い方の値とする.波力は円柱の投影面積に対して0.5ω0Hmaxの波圧を岩礁頂面から波頂まで一様に作用させる.なお,波頂上0.5Hmaxの高さまでは円柱沿いに水が打ち上り,上向きの力を及ぼす.
 この計算法は,異常波浪時における既設灯標の被災および無被害各1例に対して妥当な結果を与える.
全文 vol011-no04-02.pdf(PDF/3.1MB)

発行年一覧を表示/検索

条件を入力して検索する

ページの先頭へ戻る