ブロック式けい船岸の設計について-非線形計画法による最適設計-

発行年月 1972年9月 港湾空港技術研究所 報告 011-03-07
執筆者 高力健次郎
所属 設計基準部 計算室
要旨 自動設計の一つの方法として,非線形計画法,特にSUMT法の応用を考え,ブロック式けい船岸を対象にして最適設計プログラムの開発を行った.次に,設計条件の変化による,総工事費の影響を明らかにするため,いろいろの条件の下での最適断面を計算し,結果を,総工事費と設計因子の値との回帰式に整理した.
全文 vol011-no03-07.pdf(PDF/2.2MB)

発行年一覧を表示/検索

条件を入力して検索する

ページの先頭へ戻る