斜め入射部分重複波による質量輸送速度の分布に関する研究

発行年月 1972年9月 港湾空港技術研究所 報告 011-03-05
執筆者 田中則男,入江功,小笹博昭
所属 水工部 漂砂研究室
要旨  水深の深い位置に設けられた直立堤によって,その前面に重複波が生じているような場合には,堤体周辺の洗掘のパターンは,重複波による水粒子速度と質量輸送速度の分布のパターンによって,ある程度説明しうるものと考えられる.
 そこで本稿においては,堤体に斜めに波が入射して部分重複波が生じている(堤体の反射率が考慮されている)場合について,境界層外縁における質量輸送速度の分布式をまず誘導し,数値計算によってその特性を明らかにした後,石炭粉などをトレーサーとした実験によって,分布式の妥当性を検討した.あわせて,質量輸送速度の分布式と洗掘のパターンとの対応性について,石炭粉を用いた移動床実験を行なった.
全文 vol011-no03-05.pdf(PDF/2.0MB)

発行年一覧を表示/検索

条件を入力して検索する

ページの先頭へ戻る