波向線交差領域における波高分布-数値波動解析法の応用-

発行年月 1972年9月 港湾空港技術研究所 報告 011-03-04
執筆者 伊藤喜行,谷本勝利,山本庄一
所属 水工部 水工部長
要旨  波向線交差点附近での波高算定の問題は,現行屈折理論の実用的応用における最大の難点である.本報告は,前に報告した数値波動解析法の応用により,こうした難点を克服した計算ができることを示すものである.
 ここでは,それを一定水深領域中の球面浅瀬に適用し,水理模型実験による検討を行なった.その結果,計算と実験結果は極めてよく一致することが実証され,こうした問題への数値波動解析法の応用の妥当性が認められた.
全文 vol011-no03-04.pdf(PDF/1.2MB)

発行年一覧を表示/検索

条件を入力して検索する

ページの先頭へ戻る