水平管路における土砂水力輸送の解析

発行年月 1972年9月 港湾空港技術研究所 報告 011-03-01
執筆者 八木得次,奥出律,宮崎昭児,是石昭夫
所属 機材部 流体輸送研究室
要旨  水平管路における土砂水力輸送時の圧力損失を,浮遊粒子と摺動粒子が共存する流れモデルを想定し,理論的に導いた.理論式中の2つの変数,粒子群の見かけ摩擦係数と管内濃度は,実験により流れ変数ψの関数として表わした.
 圧力損失係数,φおよびφ*,とψとの関係を調べると共に,管内濃度と吐出濃度の比を理論と実験の両面から検討した.また限界流速の考察より,流れ領域の判定に利用できる無次元量,Ncを導いた.
 実験は,155.2mmの管路で0.91mm,8.75mm,27.5mm,45mmの砂と砂利をまた100.3mmの管路で0.25mm,0.65mm,1.28mm,7.0mmの砂と砂利を輸送して行なった.この外,以前に行なった80.7mm管路による0.75mmと8.0mmの砂と砂利のデータも再整理した.
全文 vol011-no03-01.pdf(PDF/1.9MB)

発行年一覧を表示/検索

条件を入力して検索する

ページの先頭へ戻る