平板による土の掘削抵抗について

発行年月 1972年6月 港湾空港技術研究所 報告 011-02-09
執筆者 石塚浩次
所属 機材部 作業船研究室
要旨  本報告においては平板の排土板で土を一定深さで押した場合の掘削力を排土板前面に土が盛り上る前の塑性状態,盛り上った後の塑性状態について導びいた.
 上記の算定にあたっては土の塑性方程式の差分解法による計算と模型実験による実測値とを比較しながら求めたものである.その結果排土板前面に盛り上る前の掘削力は内部摩擦角が場所によって変化するとして計算し,また排土板幅を考慮して求めることが良い一致を示す.
 内部摩擦角の場所的変化は深さ方面に対して表面と刃先付近で一割位の違いがある.また幅方向の影響は内部摩擦角の関数となり,排土板幅,掘削深さのパラメータとして表わすことができる.
 また排土板前面に盛り上がった後はおおよそ全面の土量に比例して掘削力は増加する.
全文 vol011-no02-09.pdf(PDF/1.2MB)

発行年一覧を表示/検索

条件を入力して検索する

ページの先頭へ戻る