懸濁粒子の沈降挙動と超音波の反射吸収特性

発行年月 1972年6月 港湾空港技術研究所 報告 011-02-08
執筆者 木原純孝
所属 機材部 流体輸送研究室
要旨  懸濁液層の垂直濃度分布を超音波を用いて観測する装置を開発するためには,超音波周波数と懸濁粒子の粒径や懸濁液比重との関連性,水中の懸濁微粒子の沈降挙動と超音波の反射吸収特性について究明し,かつ懸濁液層探知に適した周波数の選定をしなければならない.このような事から,7周波方式の超音波探査機を,懸濁液としてフライアッシュ懸濁液を用いて室内実験を行なった.
 実験結果および解析から,清水とフライアッシュの懸濁液の容積混合率が0.1~0.01%の範囲で,懸濁液の吸収係数α(dB/m)は超音波周波数fの0.5乗に比例することがわかった.また容積混合率が0.2%以上で比較的粒子径の大きな懸濁液の場合には,fが500~100kHz以上でほぼf4に比例することがわかった.
 なお懸濁液層の探知記録から,比較的高い周波数を用いた方が探知しやすいこともわかった.
全文 vol011-no02-08.pdf(PDF/1.9MB)

発行年一覧を表示/検索

条件を入力して検索する

ページの先頭へ戻る