沈埋トンネルの野外模型振動実験

発行年月 1972年6月 港湾空港技術研究所 報告 011-02-07
執筆者 青木義典,土田肇,林聰
所属 構造部 材料施工研究室
要旨  本報告は,衣浦港連絡道路トンネルの耐震性を検討する手法の妥当性を確認するため,衣浦港中央西ふ頭において昭和45年度に行なった実験の解析結果に関するものである.
 実験は,高さ1.5m,幅10m,長さ23mの細砂からなる人工盛土内に,外径63cmの塩化ビニールパイプで作ったトンネルの模型を埋設し,特殊なS波起振機によって発生させた伝播波に対する模型の応答変位およびひずみを測定したものである.
 実験で得られたデーターの解析結果によると,沈埋トンネルは,地震時における地盤の振動に対して共振が問題になることはほとんどなく,地震時の地盤の変形が与えられれば,トンネルを弾性床上のはりと考えて静的に計算すればよいことがわかった.
全文 vol011-no02-07.pdf(PDF/3.9MB)

発行年一覧を表示/検索

条件を入力して検索する

ページの先頭へ戻る