粘土の非排水せん断強度と変形係数

発行年月 1972年6月 港湾空港技術研究所 報告 011-02-06
執筆者 中瀬明男,小林正樹,兼近明男
所属 土質部 土性研究室
要旨  粘土試料の乱れによる非排水せん断強度cuの減少と変形係数E50の関係を三軸試験によって調べた.この乱れはせん断ひずみの累積によるものと考え,繰り返し圧縮および圧縮と伸張の繰り返しを行なった.その結果,乱れによるE50の減少はcuの減少に比してはるかに大きいこと,乱された材料ではE50/cu<180となることがわかった.伸張試験による乱れは圧縮によるものより大きい.またK0圧密による理想的試料のE50とE50/cuは,等方圧密によるものより大きい.
 ひずみエネルギーとして過去に受けたせん断の応力ひずみ曲線の面積の総和Wを考え,これと理想的試料の強度cu0の比を指数とすると,乱された試料の強度減少割合cu/Cuoは,圧密およびせん断時の応力条件に無関係に規定される.
全文 vol011-no02-06.pdf(PDF/1017KB)

発行年一覧を表示/検索

条件を入力して検索する

ページの先頭へ戻る