浮防波堤の水理に関する近似理論と応用

発行年月 1972年6月 港湾空港技術研究所 報告 011-02-04
執筆者 伊藤喜行,千葉繁
所属 水工部 防波堤研究室
要旨  短形浮体の防波効果やその運動,作用波力に関し,断面的取扱いにより近似理論を誘導して,各種の考察結果を示した.この近似理論は,速度ポテンシャルを用いた従来の理論解における無限級数項を省略したものにほぼ相当する.
 浮体の挙動に関する基本方程式は簡単に表現され,解は容易に求められて簡便かつ統一的な形に表示でき,各種の関連因子の影響も明確に把握し得る.
 本報告では,固定浮体,自由浮体,バネ繋留浮体,緊張繋留浮体などを扱って結果を示し,また附加質量・附加質量モーメントの内容,固定浮体と運動浮体との関係など基本的事項を明らかにしたほか,弛緩繋留浮体における衝撃的張力などについても考察した.
全文 vol011-no02-04.pdf(PDF/1.4MB)

発行年一覧を表示/検索

条件を入力して検索する

ページの先頭へ戻る