不規則な海の波の屈折および回折の計算

発行年月 1972年6月 港湾空港技術研究所 報告 011-02-02
執筆者 永井康平
所属 海洋水理部 主任研究官
要旨  種々の理論方向スペクトルをもつ不規則波の平行直線状等深線海岸における屈折と,半無限堤および防波堤開口部による回折の計算をスペクトル成分の線型重ね合せ法によって行なった.その結果,平行等深線海岸における不規則波の浅水係数,屈折係数,卓越波向の計算図が得られた.同時に新たに定義した有効浅海進入係数を用いて屈折波高比,周期比等を計算した.これらの値は,沖波の進入角が90度では正弦波の屈折値と大きく異ってくるが,60度以下では15%程度の差しかない事が分かった.
 次に半無限堤と開口部での不規則波の回折図が求められた.不規則波の回折係数は規則波のものとかなり異り,規則波で大きい所が小さく,小さい所が大きな値となる.この差は防波堤から離れる程大きくなる.周期比は高々15%の変動しか生じなかった.
 最後に,方向スペクトルの分割数と計算精度の検討を行い不規則波の回析計算時間の節約法について考察した.
全文 vol011-no02-02.pdf(PDF/5.4MB)

発行年一覧を表示/検索

条件を入力して検索する

ページの先頭へ戻る