剛性マトリックス組立の有効な一方法

発行年月 1972年3月 港湾空港技術研究所 報告 011-01-05
執筆者 岩崎峯夫
所属 機材部 作業船研究室
要旨  近年,有限要素法が連続体の応力,ひずみ解析に用いられるようになってきたが,大きな構造物,複雑な形状または精度の面で大きな剛性マトリックスが要求され,大きな容量をもつ電子計算機が要求されると同時に内部コアの効率的利用が要求される.この要求理由はおもに全体の剛性マトリックスを組み立てる場合と連立方程式を解く場合に大きな記憶容量が必要となるからである.
 一般の方法では各有限要素の剛性マトリックスを求め,重ね合わせの場である全体の剛性マトリックスに加え込む方法をとっている.本報告では全体の剛性マトリックスの要素に対する寄与を計算する方法をとり,全体の剛性マトリックスをシーケンシャルに出力できるようにして,全体の剛性マトリックスを内部コアにとる必要性をなくし,内部コアにとる場合も密につめることによりコアを効率的に利用できるようにした.
全文 vol011-no01-05.pdf(PDF/1.9MB)

発行年一覧を表示/検索

条件を入力して検索する

ページの先頭へ戻る