多層系路盤面上におけるK値の推定方法に関する研究

発行年月 1972年3月 港湾空港技術研究所 報告 011-01-04
執筆者 須田熙,佐藤勝久
所属 土質部 滑走路研究室
要旨  コンクリート舗装のスラブ厚さの設計は路盤上のK値に基づいて行なう.しかし,一般に設計の条件として求めるのは路床のK値だけであり,何らかの方法によって路盤上のK値を推定するか,あるいは所要の路盤K値となるように路盤厚さを決定してやることが必要である.この報告では2層系弾性理論の応用により,多くの試験結果から下層の弾性係数の値をも考慮した路盤効果の算定法を開発した.この方法を用いれば任意の多層系路盤面上でのK値の推定が可能である.粒状材料の他に最近使用されることが多くなった安定処理材に対しても結果を取りまとめた.
 この他,1層地盤および多層系路盤面上でのK30からK75への換算の方法を考え,合理的な換算係数の決定法を提案している.路床の現場CBRとK値の相関々係についても試験結果に基づき考察を加えている.
全文 vol011-no01-04.pdf(PDF/8.4MB)

発行年一覧を表示/検索

条件を入力して検索する

ページの先頭へ戻る