風洞におけるウインドスクリーンの模型実験

発行年月 1972年3月 港湾空港技術研究所 報告 011-01-02
執筆者 加藤始,佐野喜久雄
所属 水工部 高潮津波研究室
要旨  これはウィンドスクリーン模型実験についての報告である.風洞断面は巾150cm,高さD=110cmである.スクリーン模型は空隙率30%の金網で,高さはH=10cm,長さは149,75cmの2種類とした.風に直角な149cm模型a,149cmで天井をとった場合b,75cm模型cにつき,模型後方の風速分布を比較した結果,a<c<bと遮風効果に差があり,今回のD/H=11.0の条件でも天井の影響が出ることがわかった.上の各ケースでの風の乱れの分布も測定された.
 75cm模型後方の横方向風速分布から,短いスクリーンの後方での遮風域は,距離と共に三角形状に減少することがわかった.75cm模型を風に斜めに置いた場合の風速分布も測定したが,この場合遮風域が左右非対称になり,その幅は傾斜が大きいほど狭いことがわかった.また6H以上後方での風速増加量は最大約10%であったが,この数字については,なお検討を必要とする.
全文 vol011-no01-02.pdf(PDF/8.5MB)

発行年一覧を表示/検索

条件を入力して検索する

ページの先頭へ戻る