海中に孤立した巨大構造物に働く波力の計算

発行年月 1971年12月 港湾空港技術研究所 報告 010-04-01
執筆者 合田良実,吉村知司
所属 水工部 波浪研究室
要旨 前論文(港研報告第10巻2号)で求めた楕円柱構造物による回折散乱波の解を構造物に働く波力の計算に応用して,楕円柱体の質量係数および島堤に働く波力の分布を計算した.計算範囲は長径(または島堤長)/波長比=0~8.0,波向角0°~90°,楕円柱体の短径/長径比=0~1.0である.この結果,島堤に働く波力強度は局部的には無限長の防波堤に働く重複波の波力よりもかなり大きくなり,周期の不規則性を考慮しても最大で1.5倍程度になることがあることが明らかになった.
 さらに,大型タンカーを楕円柱体とみなして,タンカーのシーバース係留時にドルフィンに及ぼす波力を,方向分散を持つ不規則波による不規則波力として計算した.この結果では,200,000DWT級のタンカーにH1/3=1.0m,T1/3=10secの不規則波が作用するとき,ドルフィンには1/3最大値で1,400t程度の力が往復荷重として働くことが示された.
全文 vol010-no04-01.pdf(PDF/2.6MB)

発行年一覧を表示/検索

条件を入力して検索する

ページの先頭へ戻る