音響測深機に関する研究-超音波斜入射が測深精度と反響記録特性に及ぼす影響について-

発行年月 1971年9月 港湾空港技術研究所 報告 010-03-07
執筆者 木原純孝,奥出律
所属 機材部 流体輸送研究室
要旨 超音波を海底に斜入射させたときの測深精度におよぼす影響や反響記録特性について室内実験を行なった.使用した水槽は深さ5m×長さ5m×幅4mの角形コンクリート水槽である.供試振動子は11.5kHz(γ1/2=18°)100kHz(γ1/2=6.1°)200kHz(γ1/2=3.1°)500kHz(γ1/2=2.4°)1MHz(γ1/2=1.2°)の5素子を用い,斜入射角θが0~30°の範囲で,水底がコンクリートの場合の各振動子毎の反響記録特性を求めた.その結果,測深誤差は振動子の半減指向半角γ1/2が大きいほど,また斜入射角θが大きいほど大となり,指向角が小さいほど,水底形状を忠実に記録することが出来,斜入射角に比例して反射損失が大となることがわかった.また,探知可能深度についても考察した.
全文 vol010-no03-07.pdf(PDF/2.0MB)

発行年一覧を表示/検索

条件を入力して検索する

ページの先頭へ戻る