砂質土の現場CBRと室内CBRの関係

発行年月 1971年9月 港湾空港技術研究所 報告 010-03-03
執筆者 須田熙,佐藤勝久,吉田富雄
所属 土質部 滑走路研究室
要旨  わが国のアスファルト舗装は,道路,空港をとわず,路床のCBR値に基づく設計が行なわれ,空港アスファルト舗装では現場CBRを原則としている.しかし,路床が未完成の場合や,路床の位置が現地表面より非常に深い場合などでは,現場CBR試験は実施できず,室内CBR試験によらざるを得ない.この場合,2~3の空港の路床砂に対する試験で,現場CBR値と室内CBR値の間に大きな差異が生じ,設計上大きな問題となった.
 このような現象の詳しいメカニズム,両CBR間の定性的,定量的関係,適切な現場CBRの推定法などの研究は不十分で不明確な点が多い.この報告書では,多くの砂質土に対する試験結果から,支持力理論を利用して,両CBR間の定性的関係を導びき,これらが試料の土質分類と密接な関係であることを明らかにした.また,直径2cmの特殊プランジャーによるモールド内の貫入試験から,現場CBRを精度よく推定する方法についても述べる.
全文 vol010-no03-03.pdf(PDF/2.6MB)

発行年一覧を表示/検索

条件を入力して検索する

ページの先頭へ戻る