新しい方法による波動の数値計算-防波堤周辺の波高分布への適用-

発行年月 1971年6月 港湾空港技術研究所 報告 010-02-03
執筆者 伊藤喜行,谷本勝利
所属 水工部 防波堤研究室
要旨  任意形状の水域における波動問題の解法として,「数値波動解析法」を新たに提唱し防波堤周辺の波高分布への応用例を示した.この方法は,水位と表面粒子速度のみを未知関数とした「表面基礎方程式」を,与えられた境界条件のもとに初期状態から出発して差分法によって解くものである.
 まず,半無限堤,島堤などの回折波に関する解析解と比較して本方法の実用性を確認したのち,ハネを有する防波堤など,二,三の場合について計算結果を掲げた.また,任意反射率の場合についても,「造波板方式」と称する計算手法を編み出し,完全消波堤周辺の波高分布を求めた.
 この数値波動解析法は,入射波の不規則性をも考慮した任意水深の水域における波動の諸問題へ拡張できるものと考えられる.
全文 vol010-no02-03.pdf(PDF/1.5MB)

発行年一覧を表示/検索

条件を入力して検索する

ページの先頭へ戻る