漂砂の連続的な現地観測について-海底地形変動に関する一考察-

発行年月 1971年6月 港湾空港技術研究所 報告 010-02-02
執筆者 入江功,天坂三明
所属 水工部 主任研究官
要旨 荒天時の漂砂現象を連続観測するため,超音波式洗掘計,超音波式漂砂計を試作した.とくに,超音波式洗掘計による海底地形変動の現地観測結果からは,海底地形変動に時定数の概念を入れると,それが波浪特性によりうまく説明できることがわかった.その時定数の存在のため,海底変動量は,しけ時の最大波高,周期等のみでは定まらず,しけの期間の長さ,その間の波浪特性の時間的変化により異なることを示した.
全文 vol010-no02-02.pdf(PDF/2.8MB)

発行年一覧を表示/検索

条件を入力して検索する

ページの先頭へ戻る