島堤による波の反射および回折に関する研究

発行年月 1971年6月 港湾空港技術研究所 報告 010-02-01
執筆者 合田良実,吉村知司,伊藤正彦
所属 水工部 波浪研究室
要旨 楕円柱構造物による波の反射および回折の問題をMathieu関数を用いて厳密に解き,楕円の厚さを無限小にした極限として直線状島堤による反射および回折の厳密解を求めた.半無限防波堤の解の重ね合わせで求まる近似解をこの厳密解と比較検討することによって,近似解の適用範囲を決定した.同時に,造波水槽内に設置された模型島堤の前面,周辺および背面の波高分布を測定し,理論解と比較した.その結果,この厳密解は十分実際の波に適用できることがわかった.
全文 vol010-no02-01.pdf(PDF/2.9MB)

発行年一覧を表示/検索

条件を入力して検索する

ページの先頭へ戻る