掘削時における砂の応力-ひずみ関係の一考察

発行年月 1971年3月 港湾空港技術研究所 報告 010-01-05
執筆者 岩崎峯夫,麻山和正,石塚浩次,河野茂
所属 機材部 作業船研究室
要旨 有限要素法を砂に応用するためには応力-ひずみ関係の一般表現を求める必要がある.本報告では非線形弾塑性論を粘性のない砂の3軸試験に適用し,弾塑性非線形応力-ひずみマトリックスを等方圧縮試験,平均応力一定試験より求めた.さらにこれらの応力の合成された応力状態の代表として側圧一定試験を行いこのマトリックスより計算した値と比較し,よい一致を得た.ここでは砂はせん断力による塑性変形のために等方性限度があり,これを越えて破壊に近づくと異方性を示すと考え,ダイレイタンシーを説明,計算した.またこのマトリックスにより等方性限度内では無条件の,等方性限度外では軸対称応力状態の任意の応力-ひずみ入力を与えて,その場合の応力-ひずみ挙動を計算で求めることが出来るであろうことがわかった.
全文 vol010-no01-05.pdf(PDF/921KB)

発行年一覧を表示/検索

条件を入力して検索する

ページの先頭へ戻る