粘土試料のかく乱に関する研究(第3報) -単純せん断試験機による繰り返し破壊試験および圧密試験-

発行年月 1971年3月 港湾空港技術研究所 報告 010-01-03
執筆者 奥村樹郎,梅田裕史,成田実
所属 土質部 地盤改良研究室
要旨  粘土試料のかく乱による力学特性の変化を調べるためノルウェー型の単純せん断試験機により本牧海底粘土の等体積繰り返し破壊試験および圧密試験を行ない,繰り返し三軸圧縮試験および標準圧密試験の結果と比較した.
 単純せん断試験によるせん断強度は三軸圧縮試験の非排水強度より小さいが,かく乱に伴う強度特性の変化はほぼ同様で,残留有効応力の低下とともに強度は一義的に低下する.またHvorslevのパラメーターもカク乱の範囲が大きいと変化して行く.
 かく乱試料を圧密すると間げき比および体積圧縮係数と圧密圧力との関係は下方に移動するが,残留有効応力に基づいた整理方法により,圧密圧力やかく乱度にかかわらず一義的な関係が見出された.また圧密係数および透水係数はかく乱度が小さいうちは正規圧密状態より大きいことも判った.
全文 vol010-no01-03.pdf(PDF/1.7MB)

発行年一覧を表示/検索

条件を入力して検索する

ページの先頭へ戻る