沖積粘土のボーリングおよびサンプリングに関する研究(第5報)

発行年月 1970年12月 港湾空港技術研究所 報告 009-04-02
執筆者 松本一明,堀江宏保,奥村樹郎
所属 土質部 土質試験課
要旨  今回はサンプリングチューブの刃先角度,内径比,および肉厚の相違が土の強さに及ぼす影響について調べた.
 それらの結果を要約すると,次のとおりである.
 1)刃先角度はきわめてシャープな3°が最もよい結果をえた.
 2)内径比については指針で示す最大量(2%)と0との比較では内径比のない(0%)フラットなチューブによる方がよい結果をえた.
 3)肉厚については明瞭な差異は認められなかったが,前回および今回の結果を総合して考えると,肉厚.1.5~2.0mmの範囲で土質に応じて使い分けることが望ましいように思われる.
全文 vol009-no04-02.pdf(PDF/1.1MB)

発行年一覧を表示/検索

条件を入力して検索する

ページの先頭へ戻る