防波護岸の越波流量に関する研究

発行年月 1970年12月 港湾空港技術研究所 報告 009-04-01
執筆者 合田良実
所属 水工部 波浪研究室
要旨 防波護岸の設計においては,波の不規則性を考慮して越波量を算定しないと,過大あるいは過小な推定を行なうことになる.本研究では,波群中の波高の出現確率と,規則波の波高と越波流量との関係を組み合わせて,不規則波に対する越波流量の期待値を算出する方式を提案し,不規則波を用いた模型実験でその妥当性を確かめた.また,越波量に関する既往の実験データを収集し,直立護岸および消波護岸の期待越波流量の算定図表を作成した.この図表を海岸堤防および護岸の被災例に適用した結果,越波による構造物の被災限界を越波流量の絶対値で表わすことができた.さらに,越波した水の排水に関する水理計算を行ない,排水工の計画について考察した.
全文 vol009-no04-01.pdf(PDF/2.8MB)

発行年一覧を表示/検索

条件を入力して検索する

ページの先頭へ戻る