波浪の統計的性質に関する数値実験

発行年月 1970年9月 港湾空港技術研究所 報告 009-03-01
執筆者 合田良実
所属 水工部 波浪研究室
要旨  波浪のスペクトル特性から,波高や周期の分布などの統計的性質を求め得るようにするため,24種類のスペクトル形状について電子計算機による波形のシミュレーションを各5~10回行ない,波形の極大値,極大-極小波高,ゼロアップクロス波高,波高と周期の相関係数,波高の連の長さ,などを解析した.
 この数値実験の結果から,1)ゼロアップクロス法で定義した波高の分布は,スペクトルの形状に関係なくほぼレーリー分布で表わされる,2)波高と周期の相関係数はスペクトル幅の値にほぼ正比例する,3)ゼロアップクロス法による波高の連の長さはスペクトルの尖鋭度に密接に関係する,4)うねりと風波が共存する場合の波高はエネルギーの重ね合わせ方式で求め得る,ことなどが明らかになった.また,不規則波造装置で現地波を再現するためには,入力として50以上の成分が必要と推定される.
全文 vol009-no03-01.pdf(PDF/1.8MB)

発行年一覧を表示/検索

条件を入力して検索する

ページの先頭へ戻る