海岸堤防の大型模型振動実験と円形すべり安定計算

発行年月 1970年6月 港湾空港技術研究所 報告 009-02-04
執筆者 土田肇,野田節男,倉田栄一
所属 構造部 耐震構造研究室
要旨  海岸堤防のような堤状構造物の耐震設計法を確立するために行ってきた一連の調査・研究の内,実物大模型に対する振動実験結果と震度法を適用した円形すべり安定計算法との比較について述べる.
 一般に土構造物と模型の間では十分に相似律を満足することが困難であり,実在構造物に対して破壊に至るまで加振することも実際には不可能である.しかし,本実験の結果は実在堤防が強震下に示す挙動に近いと考えられ,耐震性を判定するための幾つかの資料を得た.
 2~10Hzの振動数に対し堤体の加速度応答は無視できないので,耐震性を検討する場合に震度を分布させた円形すべり安定解析を行うことが合理的と考えられる.
 なお,新設した直杭式振動台の詳細を付録として示した.
全文 vol009-no02-04.pdf(PDF/3.3MB)

発行年一覧を表示/検索

条件を入力して検索する

ページの先頭へ戻る