航空機タイヤの平均接地圧に関する一考察

発行年月 1970年6月 港湾空港技術研究所 報告 009-02-03
執筆者 須田熙,佐藤勝久,阿部洋一
所属 土質部 滑走路研究室
要旨  空港舗装を設計するさいに必要となる,航空機タイヤの平均接地圧や接地面積については,従来不明確な点が多かった.また,大荷重の加わる車輪荷重の測定方法にも困難な点がある.本研究は,これらの問題点を明らかにしたものである.
 試験舗装上において,大型航空機用車輪を使用し,タイヤ内圧と輪荷重を種々変化させ,タイヤプリントを行ない,その結果から輪荷重,接地圧,接地面積等の相関関係を求めた.見掛けタイヤ接地面積から実用上問題ない精度で,輪荷重が推定できることも分かった.
全文 vol009-no02-03.pdf(PDF/1.1MB)

発行年一覧を表示/検索

条件を入力して検索する

ページの先頭へ戻る