偏心傾斜荷重を受ける粘性土地盤上の基礎の支持力

発行年月 1970年6月 港湾空港技術研究所 報告 009-02-02
執筆者 中瀬明男,小林正樹
所属 土質部 土性研究室
要旨  粘性土地盤表面の基礎が偏心傾斜荷重を受ける場合の支持力について,円筒すべり面および地表面に沿う水平すべりを仮定して解析を行なった.粘性土の強度定数としては粘着力のみを考慮するが,この粘着力が深さに対して直線的に増大するものと仮定している.
 求められた支持力係数は,地盤の強度分布および荷重の偏心度と傾斜度によって決まる2つの係数を用いて,基礎の形状比に関する一次式で表わされた.ただし,荷重傾斜度が大きくなると,支持力係数は平面すべりの条件で決まる値となり,基礎の形状比と無関係になる.
 在来の同種の解においては一定の粘着力を仮定しているが,実用的な強度補正を適用した在来の解との比較の結果,偏心傾斜荷重の対する本解析による支持力係数の値は,実用上妥当なものと思われる.
全文 vol009-no02-02.pdf(PDF/711KB)

発行年一覧を表示/検索

条件を入力して検索する

ページの先頭へ戻る