軟底質における超音波の反射透過特性-フライアッシュ底質における室内実験-

発行年月 1970年3月 港湾空港技術研究所 報告 009-01-07
執筆者 木原純孝
所属 機材部 流体輸送研究室
要旨  軟泥層を適確に探知する超音波測定機を開発するには,周波数に応じて軟泥層からの超音波の反射,伝搬や,軟泥中の透過・吸収特性がどのように変化するかを究明する必要がある.このような事から,7周波方式の超音波探査機を,軟底質としてフライアッシュ底質を用いて室内実験を行った.
 実験結果および解析から,清水中にフライアッシュを懸濁させた水底沈澱物の見掛け比重ρmが約1.5であり,軟底質表面の反射損失Lmは周波数の0.3乗に比例し,底質中の吸収係数αmは,周波数の0.6乗に比例することがわかった.
 この結果から,各周波数毎に総合伝送損失が求められ,また,探知可能距離と泥層探知可能厚さを,図式計算法により求め得ることを示した.
全文 vol009-no01-07.pdf(PDF/4.0MB)

発行年一覧を表示/検索

条件を入力して検索する

ページの先頭へ戻る