定置式波向計(抵抗歪線型)の開発

発行年月 1970年3月 港湾空港技術研究所 報告 009-01-04
執筆者 高橋智晴,鈴木喜実,佐々木弘
所属 水工部 観測調査課
要旨 沿岸波浪の波向の測定器として,昭和35年頃からその開発実用化研究を進めてきた定置式波向計(抵抗歪線型)が実用段階に達したと考えられるので,その開発の経過,水路実験結果の概要,構造,測定原理,検定方法,観測データ例の紹介,および観測データの取扱方法についてとりまとめた.
全文 vol009-no01-04.pdf(PDF/3.9MB)

発行年一覧を表示/検索

条件を入力して検索する

ページの先頭へ戻る