港湾埋没に関する移動床模型の再現性-鹿島港模型実験の場合-

発行年月 1970年3月 港湾空港技術研究所 報告 009-01-02
執筆者 佐藤昭二,田中則男,入江功,平原淳次
所属 水工部 漂砂研究室
要旨 鹿島港の外泊地航路開さく時の港内漂砂の状況を推定することを主な目的として,昭和40年6月から43年8月までの現地の工事進捗の幾つかの段階を対象とした移動床実験を42年1月から7月にかけて行った.その後,現地で予定通り昭和43年6月から外泊地航路開さくが開始された.そこで,実験結果の再現性を現地深浅図のその他の資料にもとづき検討した.まず,移動床模型における時間縮尺,模型縮尺,模型底質などについて一般的な考察を行ない,鹿島港の漂砂特性の概要を述べた後,実験結果の再現性の検討を行った.港内埋没土量についての再現性は悪かったが,地形変化の傾向の再現性は大筋においてよかった.なお,実験は模型縮尺が水平1/200,鉛直1/40で細砂を用いて行ったが,再現性をさらに高めるには,縮尺,底質,実験波の選定に工夫を要するが,港内地形変形の傾向は,波高や流れの分布とよい対応をなしていることも明らかにした.
全文 vol009-no01-02.pdf(PDF/3.9MB)

発行年一覧を表示/検索

条件を入力して検索する

ページの先頭へ戻る