組グイの水平抵抗に関する実験的研究

発行年月 1970年3月 港湾空港技術研究所 報告 009-01-01
執筆者 沢口正俊
所属 土質部 基礎工研究室
要旨 この報告は,これまでに提案され,設計されてきた水平方向力が働らいた時の組グイの計算方法について,まず述べ,その後室内で行なはれた模型組グイの実験結果について検討した.在来の設計法は,水平抵抗の曲げ成分を無視した方法であるが,実測によると,クイに発生する曲げモーメントが無視できない程の大きな値を示すことが分かった.在来の設計法の中には,この曲げ抵抗を考慮する計算方法もあるが,計算過程も,やや複雑である上に,実際的でないクイのバネ常数を決めなければならないという困難さが存在した.この報告中に,あらたに提案した設計方法は,単グイの荷重,変位関係が求められれば,そのままの知識を基にして計算できるという利点を持つものである.この計算方法の合理性を示すために,室内実験の結果を使って検証した.実験は,第1シリーズから第5シリーズまでが,組グイの基本的性の研究に費し第6シリーズが新たな計算方法の実証に供したものである.
全文 vol009-no01-01.pdf(PDF/3.2MB)

発行年一覧を表示/検索

条件を入力して検索する

ページの先頭へ戻る