周辺補剛ばりを有する鉄筋コンクリートスラブの終局耐力について

発行年月 1969年12月 港湾空港技術研究所 報告 008-04-04
執筆者 赤塚雄三,堀井修身,関博
所属 未分類 未分類
要旨  周辺に補剛ばりを有する正方形鉄筋コンクリートスラブの破壊実験を行なった.供試体スラブは,1.4m平方,厚さ10cmであり,今回は,周辺補剛ばりの剛性,鉄筋量の2種の要因を取り上げた.支承方法は4点支持とし,スラブ中央に集中荷重を載荷した.
 破壊時におけるスラブのひびわれの様相から,特殊な支承条件を有するスラブの降伏線の形式を想定し,Johansenなどの提案する降伏線理論を用いた,曲げ終局耐力の計算法を示した.
 集中荷重を受けるスラブのせん断破壊機構に関しては,斜め引張りひびわれにより生ずると想定し,終局時には鉄筋のダウエル作用に依存することを示した.せん断破壊荷重の算定のため,Moe,Yitzhakiの提案式を検討し,新たに,力の釣り合い条件から求めた計算式を指示し,鉄筋比1.13%~2.30%の範囲では,鉄筋比とせん弾耐力に有意な関係のないことを述べた.
全文 vol008-no04-04.pdf(PDF/3.1MB)

発行年一覧を表示/検索

条件を入力して検索する

ページの先頭へ戻る