圧密および膨張による飽和粘土のせん断強度の変化

発行年月 1969年12月 港湾空港技術研究所 報告 008-04-03
執筆者 中瀬明男,小林正樹,勝野克
所属 土質部 土性研究室
要旨  海底より採取した飽和粘土試料に対して圧密非排水および膨張非排水三軸圧縮試験を行なった.その結果,膨張による非排水せん断強度cuの減少割合は過圧密比のみの関数と考えられること,および過圧密状態の範囲内では圧密と膨張によるcuの変化は圧力の変化に対して可逆的でかつ直線的であることがわかった.
 一連の圧密膨張試験の結果,膨張指数と圧縮指数の比と過圧密比の関係は土に固有のものであることが認められた.ここに膨張指数とは,膨張曲線上の一点とそれに対応する圧密曲線上の点を結ぶ直線の傾度である.
 自然地盤において荷重除去を行なった一つの実例によれば,一軸圧縮強度quの比較によるcuの平均的減少割合は本実験による推定値に近い.
全文 vol008-no04-03.pdf(PDF/3.0MB)

発行年一覧を表示/検索

条件を入力して検索する

ページの先頭へ戻る