密度流の問題Ⅱ

発行年月 1969年12月 港湾空港技術研究所 報告 008-04-01
執筆者 浜田徳一
所属 水工部 水理研究室
要旨  この研究は‘密度流の問題,そのⅠ(1967)’につづくものであり,2章からなりたっている.
 第1章においては,2層流体の界面内波および成層流体の内波の問題がとり扱われる.界面内波における不安定Reynolds応力の性質,不安定の形成,混合層の存する場合の内波の波速の変化,および成層流体の内波の安定が,これにかかる剪断流の流速分布により支配せられることなどが示されている.
 第2章においては,2層流の制御断面の性質が検討せられる.微小振幅の場合,ジャンプの場合および界面抵抗,幅の変化を考慮した場合と漸次複雑なものへと進んでいる.界面抵抗,水流幅の変化を考慮した場合には新しい視野が現れ,応用面においても有効であろうと考えられる.
全文 vol008-no04-01.pdf(PDF/1.7MB)

発行年一覧を表示/検索

条件を入力して検索する

ページの先頭へ戻る