粘土試料の攪乱に関する研究(第2報)-不飽和粘土のサンプリングに伴なう応力変化について-

発行年月 1969年9月 港湾空港技術研究所 報告 008-03-04
執筆者 奥村樹郎
所属 土質部 土質試験課
要旨  不飽和粘土のサンプリングに伴う等温的応力変化をBoyleとHenryの法則,Skemptonの間隙圧係数などに基づいて理論的に追跡し,2,3の興味深い特徴が見出された.
(1)不飽和完全試料の残留有効応力と飽和度は一般に飽和試料の場合よりも小さく,粘土の体積膨張係数や飽和度が極端に小さい時は残留有効応力が負になることも有り得る.
(2)採取試料を保存中に空気分の移動することを考慮に入れると残留有効応力は非常に小さく,しかも必ず正となる.
(3)試料を非圧密非排水試験に供した場合その残留有効応力は拘束圧の増加とともに次第に大きくなり,完全試料の場合には間隔水圧を原位置での値に揃えることによって完全飽和の場合に一致させることができる.また完全試料の最終残留有効応力は空気分の移動にかかわらず一定である.
全文 vol008-no03-04.pdf(PDF/1.3MB)

発行年一覧を表示/検索

条件を入力して検索する

ページの先頭へ戻る