造波板の変速運動による発生不規則波のスペクトルについて

発行年月 1969年9月 港湾空港技術研究所 報告 008-03-03
執筆者 合田良実,永井康平
所属 水工部 波浪研究室
要旨  本報告はできるだけ簡易な方法によって実験用の不規則波を発生させる造波法を検討したもので,その造波法は無段変速機を備えた規則波用の造波機を用い得る点で特徴がある.
 水路の造波板が不規則な変速運動を行なうとき発生する不規則波のエネルギー・スペクトル密度は,規則波振幅を用いて,微小時間ごとの発生規則波のエネルギー和で表わされることを理論と実験から確認した.
 これの応用として,複数の造波板の周期を予め設定したパターンで連続的に変化させることによって,所要のスペクトルをもつ波を発生できることを実験で示した.
 実験での発生波の統計的性質は,現地での風波の一例と比較してほぼ満足しえるものであった.とくに波高の連なり方はこの現地波とほとんど同じ性質をもつことが指適され,中央波高上下の連の平均長は両者とも2.7であった.
全文 vol008-no03-03.pdf(PDF/1.7MB)

発行年一覧を表示/検索

条件を入力して検索する

ページの先頭へ戻る