長周期波に対する防波堤の効果に関する計算(第5報)-八戸港の津波計算-

発行年月 1969年9月 港湾空港技術研究所 報告 008-03-02
執筆者 伊藤喜行,谷本勝利,木原力
所属 水工部 防波堤研究室
要旨  第4報,1968十勝沖地震津波に対する大船渡津波防波堤の効果に関する計算に引続き,津波によって一部防波堤の倒壊という港湾被害の生じた八戸港に対し,津波の数値計算を行ない,その結果をとりまとめた.
 計算は単一正弦入射波列および不規則入射波により,現状地形のほかに過去の防波堤配置,将来計画等について実施した.
 その結果,八戸港における複雑な防波堤配置のもとでの津波現象の基本的特性,津波防波堤の効果,港形変化の影響等が解明された.また,1968十勝沖地震津波における河原木防波堤倒壊の主原因である堤内外の水位差についても,計算においてその傾向が明白に求められた.
 なお,附録に格子感覚のとり方による進行波の変形について検討している.
全文 vol008-no03-02.pdf(PDF/1.3MB)

発行年一覧を表示/検索

条件を入力して検索する

ページの先頭へ戻る