スパッドを有する作業船の船体に作用する波力について(第1報)

発行年月 1969年6月 港湾空港技術研究所 報告 008-02-03
執筆者 小岩苔生,大平勝,平山勇,白鳥保夫
所属 機材部 特殊作業船開発室
要旨  スパッドを有する作業船(箱型のプラットホーム船)の船体が未だ水切りしないで海中で作業を遂行している時の船体に作用する波力を模型実験により明らかにし,さらに船首と船尾の水位差によって船体に水平力(静水圧)が作用するものと仮定して,この水平力を計算によって求め実測波力との比較を行なった.最大波力/最大静水圧の値を波力係数として,これをCw=1.0~1.3という値を得た.この波力係数は波高に関係なくほぼ一定の値をもち,したがって最大波力は最大静水圧(これをPmax=ω0・B・d・Hと表わす.ここでω0:海水の単位体積重量,B:船の幅,d:船の喫水,H:波高)のほぼ1.0~1.3倍程度になるものと考えられる.
 また実験は船体がスパッドに固定された場合と船体が固定されずにピッチング,ヒービングを行う場合のおのおのの波力を測定したが,両者の場合の波力の差位はほとんど認められなかった.
全文 vol008-no02-03.pdf(PDF/680KB)

発行年一覧を表示/検索

条件を入力して検索する

ページの先頭へ戻る