載荷時間の圧密諸係数におよぼす影響について

発行年月 1969年6月 港湾空港技術研究所 報告 008-02-02
執筆者 小川富美子
所属 土質部 土質試験課
要旨 最近ますます高まってきた圧密試験の需要度の増大に応えるため,5種類の急速載荷試験方法について標準の24時間載荷試験方法との比較を行なった.その結果二次圧密に由来すると思われるわずかな差異が観察され,体積圧縮係数(mv),圧縮係数(av),圧縮指数(c0)および圧密降伏応力(p0)はそれぞれ急速試験方法による値が大きくなった.しかしながら,これらの差は極くわずかであり,原地盤の土の不均一性を考慮すれば,現場の設計のために用いる圧密諸係数は急速試験方法で十分正確な結果が得られるといえる.
全文 vol008-no02-02.pdf(PDF/1.5MB)

発行年一覧を表示/検索

条件を入力して検索する

ページの先頭へ戻る