音響測深機に関する研究

発行年月 1969年3月 港湾空港技術研究所 報告 008-01-05
執筆者 木原純孝
所属 機材部 流体輸送研究室
要旨  海底地形を能率的に把握する超音波測深機を開発するには,周波数に応じて海底からの超音波の反射・伝搬特性がどのように変化し,かつ測深精度に如何なる影響をおよぼすかを究明する必要がある.このようなことから,7周波方式の超音波探査機を試作し,音響特性を求めるための室内実験を行なった.
 実験結果および解析から,送受波用振動子の電気音響変換能率や音響的諸定数が求められた.
 一方,受信出力電圧E2と反響余裕値(マージン)Mとの間に次のような実験式が得られた.
 M=6.318×10-4E2 1.917
この実験式によって,記録可能限界出力電圧が約40~50Vpの間にあることがわかった.
 以上の実験結果を利用することによって各周波数ごとの超音波の水中における反射・伝搬特性を定量的に求めることが出来よう.
全文 vol008-no01-05.pdf(PDF/5.2MB)

発行年一覧を表示/検索

条件を入力して検索する

ページの先頭へ戻る