風洞水路における波の上の風速変動の性質について

発行年月 1969年3月 港湾空港技術研究所 報告 008-01-01
執筆者 加藤始,佐野喜久雄
所属 水工部 高潮津波研究室
要旨 風洞水路において,2種類の波の上の風速変動のスペクトルおよび風速変動と波とのクロススペクトルを,熱線風速計とディジタルの方法を使って求めた.風速変動のスペクトルは,Kormogoroffの理論から予想されるよりももっと低周波数域にまで周波数の-5/3乗の変化を示した.風波だけの場合の波によって生じた風速変動は,波のすぐ上で目立った強度をもち,高さと共にかなり急速に減衰し,15cmの高さではほとんど無視できるようになった.小さめの風波に重畳された長周期波の場合の波による風速変動は,波のすぐ上ではそれほど強くないが,高さと共にあまり減衰せず,40cmの高さではスペクトルの非常に卓越した成分として残る.これらの波によって生じた風速変動は,卓越した波と大体同位相であることが見出された.
全文 vol008-no01-01.pdf(PDF/2.0MB)

発行年一覧を表示/検索

条件を入力して検索する

ページの先頭へ戻る