斜面安定解析におけるビショップ法とチェボタリオフ法の比較

発行年月 1968年12月 港湾空港技術研究所 報告 007-04-05
執筆者 野村健司,早藤能伸,長友文昭
所属 土質部 土性研究室
要旨  三つの斜面破壊例,およびいくつかの斜面の例に対して,ビショップの簡易法,およびチェボタリオフ法で計算し,比較検討をした.
 破壊例において,チェボタリオフ法は,Fs=0.97~1.01の範囲であったが,ビショップ法による値は,チェボタリオフ法の値に対して,6%~27%大きな値を与えた.
 ビショップ法は,その下限の値が(-tanα・tanΦ)max(>0)で与えられるので(深いすべり円の場合に)異常に大きな値を与える可能性がある.
 深いすべり円が起りえる港湾分野において,間ゲキ圧が静水圧で表わされる場合は,チェボタリオフ法を用いた方がよいと思われる.
全文 vol007-no04-05.pdf(PDF/2.1MB)

発行年一覧を表示/検索

条件を入力して検索する

ページの先頭へ戻る