生石灰による沖積粘土の安定処理について(第1報)

発行年月 1968年12月 港湾空港技術研究所 報告 007-04-04
執筆者 柳瀬重靖
所属 土質部 地盤改良研究室
要旨  生石灰による混合処理,杭状施工による脱水処理などの高含水比粘性土に対する安定処理工法を,港湾地域における軟弱な沖積粘土の急速安定工法としての実用化を目的として,処理効果,施工法などについて現在までに実施した検討結果について報告する.
 混合処理の効果については,三種類の沖積粘土についての生石灰添加量,処理前含水比,材令などによる強度変化,塑性,圧密特性,その他の実験結果より,十分な安定効果の得られることが確認された.杭状施工についても,軟弱粘性土による埋立地盤での現地実験により処理効果が認められ,設計施工に関する基礎的な資料を得ることができた.
全文 vol007-no04-04.pdf(PDF/3.6MB)

発行年一覧を表示/検索

条件を入力して検索する

ページの先頭へ戻る