長周期波に対する防波堤の効果に関する計算(第4報)-1968十勝沖地震津波に対する大船渡津波防波堤の効果-

発行年月 1968年12月 港湾空港技術研究所 報告 007-04-03
執筆者 伊藤喜行,谷本勝利,木原力
所属 水工部 防波堤研究室
要旨  1968十勝沖地震津波に対する大船渡津波防波堤の効果を明らかにするため,従来の計算方法を適用して,津波波形の不規則性を考慮した計算を行なった.
 計算における入射波は,計算結果が湾口附近にある長崎漁港の実測記録に合致するように,反射波を含まない外海における津波波形として求め,物理的意味を考慮して正弦波のみの和の形で表現した.現況に対する計算結果は,湾奥の大船湾においても実測記録と極めてよい一致を示した.同じ入射波を防波堤建設以前の状態に対し適用し計算した結果,防波堤建設によって堤内全域に互り最高水位は約半分にピークカットされていることが判明した.
全文 vol007-no04-03.pdf(PDF/1.6MB)

発行年一覧を表示/検索

条件を入力して検索する

ページの先頭へ戻る