長周期波に対する防波堤の効果に関する計算(第3報)-模型実験との比較-

発行年月 1968年12月 港湾空港技術研究所 報告 007-04-02
執筆者 伊藤喜行,木原力
所属 水工部 防波堤研究室
要旨  津波などの長周期波に対する防波堤の効果について,われわれはこれまで専ら数値計算によって検討を重ねてきた.すなわち簡単な流入方式の計算から始まって,電子計算機による波動方式計算法およびその近似としての一次元計算法を確立し,大船渡津波防波堤その他へ具体的に応用してきた.こうした計算法が実際の現象とどの程度符号するかを検討するため,今回比較的単純なL字形湾の模型を製作して実験を行ない,計算結果との比較を試みた.結果は次の通りである.
 1.波動方式による計算値は実験値と非常によく符号する.
 2.一次元計算法は防波堤が無い場合には良い結果を与えるが,防波堤がある場合には必ずしもよい近似が得られない.
全文 vol007-no04-02.pdf(PDF/1.1MB)

発行年一覧を表示/検索

条件を入力して検索する

ページの先頭へ戻る